エアリフトポンプ

エアリフトポンプ(FRP)

+写真をクリックすると拡大します。

揚水管の中に空気を吹き込むエアリフトポンプ

別名

エアーリフト用ポンプ

材質


成形方法・加工方法


カテゴリー



“接触ばっ気槽から剥離した生物膜を排除するとき”“沈殿槽から汚泥を引き抜くとき”“汚泥濃縮槽から濃縮汚泥を引き抜くとき”など、いろいろな用途に使うことが出来ます。

水中に垂直に下ろされた、返送汚泥の揚水管やスカムスキマーの揚水管の中に、空気量調整バルブを取り付けた空気管を配管し、空気を吹き込みます。

揚水管の中の液体(水、汚泥、スカム等)は気泡を含んでいるため見かけの比重が小さいので、揚水管内部の液体は内外の液体の比重差に相当する分だけ押し上げられます。

押し上げられた液体は、セパレートタンクで空気と液体に分離され、空気は外気へ、液体はばっ気槽と貯留槽に移送されます。

特長

軽量なので運搬・施工が楽に手早く行なえます。

FRP(ガラス繊維強化プラスチック)製のため、引っ張り強度が高く、耐衝撃性・耐蝕性・耐薬品性・耐溶剤性に優れています。


セパレートタンクやスカムスキマーと組み合わせてご使用いただければ、さらに高い移送能力を発揮します。