スポンジ担体

スポンジ担体集合

+写真をクリックすると拡大します。

排水処理における有用微生物を高濃度に固定し、処理効率を向上させる連続発砲担体です。 新設の処理施設はもちろん、排水量が増加して既設の処理施設では処理しきれなくなった場合にも スポンジ担体を投入するだけで負荷効率アップが図れ、増設の必要がなくなります。 さらに、コンパクトに仕上げたい除外施設では設置スペース削減に効果的です。

別名

担体、微生物固定化担体、水処理用微生物固定化担体、水処理担体、流動担体、ろ材、スポンジろ材、水処理ろ材、水処理用微生物固定化ろ材、微生物固定化ろ材

材質


成形方法・加工方法


カテゴリー



特長

【BOD・油脂除去用(同植物油)】

親和性、生物親和性が強く、高濃度に微生物を固定できます。これにより、通常の活性汚泥に比べて高負荷をかける事が可能で、設置スペースの削減が可能です。 また、担体内部での生物相が多様となり、消化作用により余剰汚泥の発生量が通常の活性汚泥に比べて減らすことが可能です。 さらに、担体の油脂吸着作用により微生物が時間をかけて油脂を分解する事が可能な為、加圧浮上や油脂分解槽などの前処理無しで油脂の分解除去が可能です。 通常の産業排水処理から油脂(同植物油)含有排水処理、除外施設まで、最も広い場で能力を発揮する担体です。

規格

スポンジ担体_寸法
※高硬度タイプや粗セル・高伸長タイプなど各種ご用意しています。